ネットでの誹謗中傷を防ぐ!今日から実践できる3つの方法

知るだけで防止できる

ネットで誹謗中傷を受けることは誰にとっても不本意ですよね。そこで、意識を変えるだけで誹謗中傷を防止しましょう。まずは知る事です。例えばネットのルールであったり、どういう事をしたら無断転載になるのかなど他人を不快にさせない、また自分も不快な思いをしないために知識を集めて知る、理解することで誹謗中傷を防ぎます。無知のままネットを利用する事は誹謗中傷だけでなく犯罪に巻き込まれたり自分や身内にとって知られたくない個人情報を振りまいてしまうこともあります。まずは知りましょう。

考えることで防止できる

よくある誹謗中傷に多いのが不用意に不適切な発言または不適切な画像をアップすることで起きることです。犯罪になるような例で挙げると未成年の飲酒や喫煙をしたという書き込みや画像があります。また昨今ニュースで取り上げられた例で挙げると店員を土下座させその様子をアップしたものでしょう。芸能人が個人情報の流出から誹謗中傷を受けることはよくありますが一般人でもそれは同じです。個人情報をたくさんの書き込みから特定していくような人もいるので思ったことを書き込む、今撮ったものをアップするとなった際には一度これは誰に見られても大丈夫だろうかと考える癖を付けましょう。

反応しないことで防止できる

最後に誹謗中傷に反応しないことで防止しましょう。つまりスルースキルを身に着けます。ありもしない事を言われたり悪口を言われたとしても自分自身が反応していては相手は面白がって次々とある事ない事を書き込んだり拡散していきます。そのため、相手にしないことで騒ぎを少しでも小さく収めます。また管理者のいるSNSであればそのユーザーを違反報告することで解決をする方法もあります。やたらめったら反応することで騒ぎを大きくしないように、また自分でも批判や中傷をしている書き込みに対しての意見をしないでおくという方法もあります。

ネット誹謗中傷は、特定の個人法人集団に対して根拠のない暴言などをネッ上の掲示板などに記載公開する行為をいいます。