誹謗中傷によるインターネット被害の防止と対策

掲示板などで誹謗中傷を受けた時は

インターネット上には不特定多数の人が書き込む事ができる掲示板などが数多く存在します。ルールを守って利用している利用者もいる中で誹謗駐車など問題のある書き込みがあるのも事実です。もし掲示板などで誹謗中傷を受けた際はそこの管理者に削除依頼をする必要があります。そうした訴えに対して対応してくれる管理者もいれば対応してくれない場合もあるので管理者が対応してくれない場合は警察への相談をする方が良いでしょう。

自分の書き込みにも注意をするべき

被害を受ける事だけでなくインターネットを利用するというならば自分が加害者にならないように注意する事が大切です。掲示板のような自由に書き込みができる場所では何気なく書き込んだ内容が特定の個人や企業などを誹謗中傷し損失を与えるような内容になってしまう事もあります。インターネット上で書きこむ内容は問題がある内容ではないか常に考えて書き込みをしましょう。適切に使えば便利である反面使い方を間違えると人に大きな損害を与えてしまうのです。

運営するブログ等の対策

他人が管理にする掲示板などを利用するだけでなく自分でブログなどを運営している場合は誹謗中傷にあたる書き込みがあった場合はすぐに削除するなど対応が必要です。問題のある書き込みがある場合はコメント覧に書き込める人を承認制にして制限したり、最初からコメント覧などを廃止するなどの防止策があります。管理者自身に非がなくても問題のある書き込みの責任はそのサイトの管理者の責任にもなるのでブログ等を運営する時は充分注意しなくてはなりません。

ネットの誹謗中傷は、ほっておくと被害が拡大します。大型掲示板の2ちゃんねるでは、2ちゃんねる削除を、利用し書き込みを消せるので覚えておきましょう。