ネットワーク運営をスムーズに行えるネットワーク監視の導入メリット

システムを停止せずに対策

多くの会社では、パソコンが個別に稼働しているだけのことは少ないです。サーバを中心にデータを共有したり、メールのやり取りなどを行っています。ですから、ネットワークのサービスが停止すると、仕事ができなくなる場合があります。ネットワーク監視を行っていると、事前に異常を感知することができます。それによって、問題が発生する前に対策がとれます。ネットワークをストップさせることなく、問題を解決する子tが可能になるでしょう。

トラフィック増加に対応する

会社のシステムネットワークにおいて、最もトラフィックが増加するのが始業時とされています。多くの社員がパソコンの電源をつけ、メールのチェックをし始めます。それに対応するため、サーバはフル稼働状態になります。トラフィックが増加すると、どうしてもネットワークのスピード低下が生じます。ネットワーク監視を行うことで、トラフィックが増加した時に業務の分散を指示できる場合があります。これによって、サービスのスピードを落とさなくて済ませられるでしょう。

365日24時間人が監視する必要がない

ネットワーク環境を導入している会社では、必ずネットワーク管理者等の担当者を置きます。大きなネットワークなら専業の担当者になるでしょうし、小さい場合は他の業務と兼務することもあります。日常的なかんりから、トラブルの対応などを行います。ネットワークが稼働している限り、つまりは365日、24時間体制で対応する必要があります。ネットワーク監視を導入すると、事前にトラブルの予兆がわかります。また、夜間や休日に問題が起きた時にはそれを知らせてくれます。張り付く必要はなくなります。

インターネット接続関連機器の設定に係ること全般をIT用語でコンフィグと呼び、コンフィグ管理とはそれらの設定について管理をすることを意味します。